脳神経外科医のがん闘病記 寛解までの記録 

進行がん ステージ4でも怖くない

 

2017年11月

 

 尿管がん

 多発転移から5年目に入った。

 抗がん剤治療を休薬し2年、

 生きている証として、

 闘病記を出版した。

 

      

 

 

● ステージ4から寛解をもらうまでの要約

 

私は、自分が病気になる前から、抗がん剤治療の矛盾に気付いていた。がんで死ぬより、抗がん剤の副作用によって殺されたと思われる多くのケースを見てきたからだ。 特に70歳以上の高齢者に処方される抗がん剤の標準治療は、副作用が薬効を上回っているケースが多いように思う。そもそも抗がん剤の効果の有無を調べる治験は、18歳~70歳の若い層を対象に行われてきた。ところが、今や全てのがん患者の6割が70歳以上と言われている。したがって、70歳以下の標準治療を70歳以上に適用するのはどだい無理がある。私は、高齢者には標準治療の量を減らして処方するのが常識と思っている。実際私は標準治療量を受けたばかりに抗がん剤による腎障害で血液中のナトリウム(塩分)が腎臓から漏れる低ナトリウム症(意欲低下、食欲低下、不整脈、ふらつき、さらには意識障害)になった。減塩から断塩のゲルソン食をしている私には塩分調整の難しい生活になった。多発転移のステージ4から寛解に至る道のりはきつかった。

 

1. 睡眠

9時就寝による睡眠を確保した。良質の睡眠は、腸の免疫を元気にする力がある。睡眠不足はリンパ球を減らし免疫力を落とす。睡眠不足による免疫力低下は睡眠薬の副作用より大きい。

 

2. 筋肉を鍛える、骨を鍛える

毎日ラジオ体操と1時間のウォーキング。歩けば着地の重力効果を受け骨は丈夫になる。腸腰筋は大腿骨の頚部に付着しているから歩けば腸腰筋は鍛えられ腰痛は消失、排便良好、睡眠の質も良くなる。いいことだらけだ。最近の研究では、骨と筋肉からがんの増殖を抑えるメッセージ物質が出ていることが証明されつつある。

 

3. ゲルソン断塩食療法

搾りたての野菜ジュースを毎日2L飲んだ(ニンジン2㎏、野菜2~3kg)。牛乳、バター、卵、肉など二足動物、四足動物のたんぱく質を絶ち、イカの刺身とししゃもに限定した。そして低ナトリウム血症を是正するギリギリの塩分摂取に抑え癌の住みにくい体質に向け努力した。正式ゲルソンは厳しすぎてできなかったが実行可能な簡易ゲルソンを考え出し頑張った。妥協した簡易ゲルソンでも効果を実感した。

 

4. リンパ球を維持する

抗がん剤治療中、白血球に含まれるリンパ球(免疫力)を1000個以上に保った。治療中リンパ球が1000個以下に低迷すると抗がん剤の延期または減量を主治医にお願いした。しんどい時は予定の抗がん剤点滴を休んだこともある。

 

5. 低用量の抗がん剤

私が選んだのは標準治療の半分量以下の低用量抗がん剤治療だった。しかも、古くて安い薬ばかりで新薬ではなかった。抗がん剤は患者のがん種の特性にマッチしないと高額な新薬でも効かないのだ。最近はがんの遺伝子検査でどのがんにどの抗がん剤が効くか適性を探す時代となった。

 

6. これから

医師仲間から今生きていることが不思議だと言われるほど悪性度の高い尿管がんだから治りきることはあるまい。大学病院、がんセンターだからとまるごと信用してはいけない。診断まではよいが、治療法については他の医師にも相談し、自分も勉強し、自分が納得する治療選択をすべきである。これからも情報収集し、このブログを通して伝えていきたい。

2013年5月

手術で摘出した腫瘍の病理検査の組織像は『上皮がん・腺がん・肉腫様』の入り混じった超悪性尿管がんだった。この説明を受けた時、頭の中は恐怖で真っ白、これでは助かる道はない、終わりと思った。

 

2013年9月

余命1年の告知を受けたときの胸腹部CT検査所見は、

①右腸骨稜の矢印部に骨が溶け空洞に見える2.5cm大の骨転移(+)

②右上葉6mm大の小結節は3週間前に比べ増大し肺転移疑い(+) ⇒ 肺転移(+)

③腹部大動脈周囲に15mm大複数のリンパ節転移(+)

④その他胸腹部大動脈周辺に怪しい複数の腫大リンパ節(+)


● ステージ4からの出発 患者として、医師としての葛藤

 

 2010年6月、アップダウンの強い往復40kmのサイクリングに挑戦した。祝杯のビールの後、トイレで真っ赤な血尿にびっくりした。慌てて受けた検査結果で尿管がんと診断。早めの手術と抗がん剤による化学療法を勧められた。妻の7回忌を済ませた直後の発病であった。三度の食事にすら大変な独居老人にとって、がんと戦えるのか、疑問と不安がいっぱい。結局のところ、71歳の自分は無治療を選択した。医師仲間から、君はどうかしていると叱責されたが、自分の選択の間違っていることを認めつつ、生きたくないパワーのまま時間が経ち、リンパ節転移が始まった。


 2013年5月、大学病院で右腎臓、右尿管、一部膀胱の摘出手術、腸骨リンパ節の郭清手術を受けた。

 

 2013年6月、随分迷ったが術後の抗がん剤治療を受けることにした。1回目の3種類の抗がん剤GCP治療は受けたがあまりにしんどくギブアップした。2回目の点滴治療は受けず自己判断で退院した。

 

 2013年8月、骨転移、腸骨リンパ節転移、肺転移疑い、親しい内科医から余命1年の告知を受けた。

 

 2013年9月、主治医のいない不安な日々であったが友人の紹介で新しい主治医(呉共済病院)との出会いを得た。

・放射線治療2回

・抗がん剤治療25ヶ月

 

 2016年2月、新しい主治医のもと、2年半の闘病を経て、とりあえずの寛解をもらった。

 闘病中、がんに「がんこちゃん」の愛称を付けた。

 

  

予期せぬ出会い

 

突然の血尿
寝ても覚めても
私の心を占拠し
心の苦しみ
 体の苦しみまで
私を虜にした
どうしようもない出会い
しかし君は私の一部
5年の葛藤が過ぎ
今君はどこにいる
  不気味な寛解
   

2016.2月

 

◆ ◆ ◆

 

2018年1月

寛解をもらって2年、ブログを公開した

 

再発の心配、不安は強いが、憂き世を浮き世にして面白おかしく生きなきゃ損々」こんな小唄が江戸時代にある。難しく考え難しく生きるとしんどいばかり、、、生きている間は小唄のように、これからの人生を楽しみたい。約2年休んでいたブログを公開したのはがん治療の原則は病気を隠さず、広く情報を入手したいからだ。私はいずれ来るだろう再発に備え免疫治療への道を探っている。 

2021年令和3年ブログ

2019年①1月内視鏡による膀胱癌切除術(大きな手術)、②3月内視鏡による膀胱癌切除術(小さな手術)、③10月内視鏡による膀胱癌切除術(小さな手術)、2020年④1月内視鏡による膀胱癌切除術(大きな手術)

 

2021年1月 新年を石垣島で過ごす

年頭所感 鞆の浦の仙人になりたい

解き放たれた時を楽しんでいる
歳の実感はない
心身ともに充ち満ちた感じだ
人間の尊厳とは自立だと悟る
古来、性は灰になるまでと言うが
その通りだと思う そして
性の尊厳も自立と知る
人生は苦笑い人生だと悟る
力んでもムキになっても無駄と知る
飄々と生きる仙人まであと数歩
時々雲上から白い素股に落ちる
これぞ人生の極意 後悔いと知る
心身ともに充ち満ちており
歳の実感なく
ポキッと大往生の予感あり
そして
すべてと別れ無に帰するなり

2021年2月 定期の膀胱内視鏡検査を受けた

幸いにも1年間再発を見なかったのだが、、

2021年2月の膀胱内視鏡検査で1ヶ所再発疑いあり。

主治医は首をかしげながらも5月まで経過観察となった。

2020年11月の画像 問題なし

2021年2月の画像 発赤部位の増大あり

次回検査5月となる。 

当日の尿細胞診

膀胱壁から剥がれ落ちた細胞を染色した写真

人の命を脅かす癌細胞疑いだが顕微鏡写真では神秘的で美しい。

 

3年かけて育てたストレリチア

美しさに大満足

久しぶりに実家の囲炉裏を炊いた。

 

2021年3月 BCG膀注療法18回達成

2月15日16回、22日17回、3月22日18回 BCG膀胱注入療法を受けた。いつもながら1回目は軽いが2回、3回目と排尿痛、頻尿はひどくなる。慣れたとはいえ難行苦行と言えよう。30回まで残すは12回となった。

 

11年ぶりにマツダロードスターを赤から白に変えた。

以前との進化はバックモニターがついただけ。シンプルマニュアル車、クラッチを踏み込んでチェンジを変えるたびに躍動を感じる。調子に乗って熊ケ峰スカイラインを走っていると、突如画面に優しくアクセルを踏んでねと出た。これにはビックリ。

2021年4月 8年ぶりのゴルフ

あっという間の1月、2月、3月、気が付けば4月、陽気に誘われ発病以来8年ぶりに三次にゴルフに行ってきた。桜は超満開、27ホールのコースにわずか8組、前にも後ろにも人影なく素晴らしい景観を堪能した。

3日前、ステージ4の方が相談に来られた。緩和を告知されたが、まだ歳も若く元気な男性だった。私自身ステージ4から立ち直り約8年の癌サバイバーとしての助言をさせてもらった。人間死ぬ気になれば何でもできる。まずは断塩、主食は全粒粉のオートミール、そして野菜ジュースを日に1L以上からスタート。確かなのは丸山ワクチンの自己注射、さっそく手続きを始めることにした。

 

もがり笛 

火宅の人で知られる檀一雄も肺がん治療にBCGと放射線治療を受けていた。

自由奔放に生きた作家檀一雄(壇ふみの父親)は、火宅の人恵子(入江杏子)との二重生活の末に、人生は酔い痴れの妄想を広げた熱狂と寂寞の彼方に”もがり笛、いく夜もがらせ花に逢はん”と詠んで63歳の生涯を終えている。火宅最終章において吐露した言葉は私の心に響いた。

 

写真は丸山ワクチンセット

送られてくる交互に打つワクチンAとB、ディスポの注射器、針、アルコール綿。打ち方を2,3回教えてあげると皆さん自宅で自己注射(皮下注)。

2021年5月  

5月17日、3ヶ月ごとの膀胱内視鏡定期検査を受けた。

前回2月の検査で再発疑いの箇所を中心に膀胱内視鏡検査を受ける。疑い部の膨隆は消失していたが、周囲に発赤と新生血管が見られた。主治医は首をかしげながら、前回と同様に念のため生検(一部取って顕微鏡で調べる)してみますかね、、⁉と歯切れが悪い。私の見た目は生の結核菌を入れるBCG膀胱注入療法後の炎症反応も加味しているようで、それほど悪い顔には見えない。とりあえず今月予定しているBCG膀胱注入療法と膀胱MRI検査を受けてから、いつ生検をするか決めたいと思っている。

体調はすごく良い。癌はいても静かにしていてくれたらよい。高齢者なのでできるだけ負担のある検査治療を避けながら穏やかにいきたいと思っている。

2021.5.17 聖マルチン病院提供

5月31日から19回目のBCG膀胱注入療法を行っている。この結核菌によるBCG療法は道半ばを超えたので、これから先気長に継続できるよう負担の軽いLamm法に基づく治療計画を立てた。この計画ではLamm法6ヶ月ごと3回のBCGを今後は5ヶ月ごと2回のBCGに変更するものだ。

 

2021年6月 納得のいく生きざまを総括したい

 

妻を失って7年、がんと闘って10年の歳月が流れた。妻の命日に産まれた孫は17歳、人柄もよく学年トップの成績と聞く、生まれ変わりのようだ。ただ、私の世代とは様変わり、苦難に立ち向かうガッツをどれほど持っているのか、立派な男になるだろうかといらぬ心配をしている。

 

男の自我道とは

奪われた物は必ず自分の元へ帰ってくる。
奪った物は必ず自分の元を去っていく。
もらった物は必ず消えていく。
男の手に残るのは自ら汗💦した物だけ。

 

私の幼少期は戦前戦後の混乱期、敗戦前後の飢えと寒さと朝鮮人との確執の中に育った。警察は機能せず、食べるすべ、身を守るすべを本能的に身にまとったちょい悪の少年だった。進駐軍とパンパンに囲まれ、片言英語をしゃべっていた。今は平和すぎる時代、ソウルのミョンジ病院との姉妹縁組から在日の人たちとも親しく交流している。私の心配はやわくて小綺麗になり、セクハラパワハラにびくつく日本男子だ。今の男は女とは何かを知らなさすぎる。男はシンプルで夢とロマンを持つが、出産、子育てをする女は本能的、必然的に複雑でお金と安定を志向する。女を知らずして結婚すれば、忍耐と苦痛の先に破局を見る。私の最終章は男の子を元気にすることと、自分の人生ちょい悪で締めくくりたいことだ。ところが、ままならぬは人生、私の外来に私を頼ってくるのは圧倒的に女性が多い。軟弱な男の子たちを救いたいと朝起きられない子供たちという小冊子を9月に出版を予定している。

 

 

がん友からの手紙 

 

Y.Kさんより

ステージⅣbで3年も生き延びることができたのは病院・主治医のサポート、社会資源を注ぎ込んでくれた日本の保険制度のおかげではありますが、この度先生からご返信をいただき、頼れる方がある、見捨てられていないと実感することができました。それは大きな安心となり気持ちを前向きにしてくれました。先生はじめ惜しみなくご体験や情報を発信してくださる方々のお力もとても大きなものでした。特に先生が書籍の後日談を発信し続けてくださるブログは貴重な情報源でもあり同じ闘病者として共感できる場でもありました。拝読しながら先生のご奮闘ぶりに大変励まされました。きっと同じように励まされている方も多いことと存じます。どうか、先生がブログを末長く続けてくださいますように!と願っております。
本当にありがとうございました。

 

N.Kさんの妻より 
先生が親身になって長い時間話を聞いて下さり、アドバイスをしていただいてからは主人も癌に負けたくない、と口に出すようになりました。少し体調がすぐれないようで、時々しんどいという日もありますが、野菜ジュース、オートミール、軽いウォーキングは続けています。先生の書かれた本を拝読し、10年の長きにわたり病と向き合って闘ってこられた姿に勇気をもらいました。
ステージⅣの主人に生きる希望を与えて下さり本当にありがとうございました。大田先生にはもう1年早くお会いして話を聞きたかったです。癌が不治の病ではなくなる日が来ますよう、明るい未来になりますようこれからも願い続けます。私たちも頑張ります。

2021年6月14日 BCG20回達成

先月31日のBCGが結構堪えたので1週間の間隔を2週間に延ばして、今日は遥か先のことと思っていた20回目のBCG膀胱注入を受けた。注入から排尿までの時間を前回の半分の35分に短縮した。しんどさを軽減し細く長く治療を目標にしているからだ。Lamm法3年間(BCG27回)を達成した患者さんの割合は100人中16人、たったの16%の低さ!体験者としてさもありなんと思う。

コロナ騒動の真実

日本は、コロナ感染の有無を調べるPCR検査の実施率が先進国では最下位グループ。そしてPCRの代わりとして行った抗体検査は新型コロナに特異的な抗体検査ではない、いわばいい加減な検査。本物の抗体検査は新型コロナウイルスの表面にあるスパイクSタンパクに対する中和抗体検査(自費3,000円)なのだ。このようないい加減な対応が繰り返されてきた。国民の知らないその根本的な原因は何か?答えは意外なところにある。国民の健康を守る、すなわち公衆衛生は全国にある保健所が担当している。この保健所、実はかつての郵便局に似て、名前は立派だが中身はボロボロ、知る人ぞ知る落ちぶれぶり。郵便局よりクロネコヤマトの評価が高いように、保健所より市民病院や公益の民間病院のほうが機能するはず。国のメンツを優先したばかりに後手後手に陥っている。

2021年7月 小太りの人が長生き BMI25~26.9

10年前の研究だが(Journal of Epidemiology 2011年21巻)、日本人のBMIと死亡リスクの関係に関する35万人以上の前向き追跡データをまとめた報告が出ている。男と女は若干異なるが、BMI21以下の痩せ形は死亡率が上昇し、BMI19未満の見るからに痩せた人の死亡率は急上昇する。 

2021年8月

30日に入院した。朝病院玄関脇でPCR検査を受け2時間車内で待機、陰性と判明し入院となる。腰椎麻酔下に膀胱内視鏡の手術画面を見ながら説明を受けた。嬉しかったことは以前に比べると膀胱内は随分ときれいになっていた。今回も顕微鏡で調べるため、腫瘍疑い周辺3ヶ所、他6ヶ所、計9ヶ所の膀胱壁を小さな道具で採取した。写真の赤い場所が病変部、この場所を円形の電気メスで切除した。手術時間は約1時間、病室に戻って2時間で足のシビレがなくなり動くようになった。いつもながらの点滴と尿道から膀胱へ太いカテーテルにつながれ、その夜はトイレに行く必要はないものの、寝返りの打てないしんどさは結構きついものがある。翌日の朝回診の際、膀胱カテーテルを抜去してくれた。これは思いがけないサプライズとなった。カテーテル抜去後の排尿は自己責任のため、夜は7時半、10時、12時半、3時、4時半、5時半と排尿した。尿が溜まり膀胱が膨らむと止血部位の安静が保たれず術後出血の危険が増すからだ。

今日は9月1日、排尿痛は軽くなり血尿はなく順調との診断で、明日午後から退院となった。

2021年9月4日 3年の治療、自己判断で寛解とする

8月30日の手術と生検の結果が今朝届いた。予想通り、病変部を含め他の生検箇所も全て癌は陰性だった。

BCG治療を始め2年、丸山ワクチンを始め2年弱、この1年8か月は再発を見ない。発見から3年で難治性と言われている膀胱上皮内癌は検査では活動期の癌は見られない、自分的には寛解と感じている。光畑、西両医師、そして関係者には大変お世話になった。

令和の浦島太郎
あしかけ9年に及ぶ闘病をへて
私は寛解を手にした。長いトンネルを出たところには、意外にも感激はなく、そこには安堵と老いがあった。昭和に生まれた男は令和の浦島太郎になっていた。

2010年6月血尿から尿管癌を発病、治療を放置し2012年8月異様な腰痛から癌の転移を疑ったが又も放置した。今振り返ってみると、当時の生きたくないパワーには驚き呆れる。反面あそこまで開きなおった自分に愛おしさと親しみを感じる。今日は9月最初の月曜日、これから頑張るぞの意味で少し張り切って朝ご飯を作った。果物は自作のイチジク。

これから、
もちろんBCG膀胱注入療法と定期的な内視鏡検査は続けるが、今回の自己診断による寛解は2015年9月にもらった寛解とは違って不安のない寛解と言える。それにしても発病から11年は長かったし長すぎた。令和の浦島太郎はこれからどうする!?、大田こうすけはケリーターナーのガンが自然に治る生き方に沿って生きたいと思っている。そしてキャンベルレポートに沿った植物性タンパク質の食事をしながら、石垣島に建てるヘミングウェイの小屋でエッセイストの生活を送りたいと夢を追っている。


          ◆



読後感 Y.O

カタカナと医学的な専門用語に戸惑いながらも心に響く『進行癌ステージ4でも怖くない』を梅雨さなかのある日読了しました。2010年6月尿管癌の発病から過酷な余命告知に耐え2015年9月の寛解宣言に至るまでの闘病記です。闘病の苦難と混迷、余命1年の告知を乗り越えての10年後の今日がある、著者の歩みに感動しました。癌闘病にとって大切な実行や医学的な配慮を解く記述を読みながら私が一番感銘したのは行間ににじみ出ている人としての生きざま、情念、感懐の語りです。心打たれることしばしばでした。人生に偶然はない、全てが必然である、人生に確かなものはない、全てが不確実である、自分を勇気づけるものは自分に向かって励ます言葉に勝るものはない、人は幸せを未来に見ようとしかしない、過去の幸せを忘れ今の幸せに気が付かない、幸せとは何だろう。エベレスト登頂に成功した後、下山中の事故で突然逝去された奥様への心情、、君が生きているうちにありがとうの気持ちをうまく伝えられなかったなどの述懐は本書が病克服の単なる闘病記ではなく人生真実の背骨のような吐露として私たちの胸を打ちます。本書には何人かの癌発病された生涯の友との交流が語られています。偶然とは思いますが私と同じ食道がんの方がおられました。残念ながら懸命な加療むなしく逝去されています。私はその方の無念さを背負いながら前途ある踏ん張りを大切にしたいと思っています。心と体が元気になると生きると言うことがこんなに楽しいことなんだと闘病を通して改めて知ったとの著者の思いを私も体験できるよう、そして今からでも遅くはない、心が折れそうなときに励ましてくれる人に恵まれますように、、毎日を闊歩していきたい。

読後感の締めに私の座右の章句をつぶやきます。『絶望が虚妄なること 希望も相同じ』 2020.7.15


尿管がんに罹患した明神館クリニックの大田浩右医師の
闘病記です.

http://www.myojin-kan.jp/

 

書籍内では,

低用量化学療法(=少量抗がん剤治療)を自らの治療に

導入されたことを書かれています.

 

特に146頁〜152頁の

低用量化学療法に対する考察は「正鵠を射ている」と

感じるところです.是非,お読み下さい.

 

日本国内の全く異なる刻と場所で,

抗がん剤の少量使用に対して同様の見解を

共有できる医師がいらっしゃるという事実は,

とても勇気づけられることでした.照れ

 

また,以下のページも合わせてお読み下さい.

『闘病記大田浩右』

https://stage4.jimdofree.com/


#2の方へ:メイル拝見しました。期待のフェンベンダゾールは日本では医薬品として承認されていません。私は薬効にほとんど差のないメベンダゾールを勧めています。メベンダゾール治療については明神館無料相談ホットラインをご利用ください。他の薬との併用注意はありますが併用禁忌はありません。フェンベンダゾールに関する問い合わせが増えているため対応が間に合わない状態です。2019.7.31

コメント: 4
  • #4

    松茸屋さんです (金曜日, 18 10月 2019 12:50)

    神経膠腫(こうしゅ)(グリオーマ)の松茸屋です
    先生がこのような素晴らしい取り組みをされていることを 知ってしまい
    感激してしまいました。
    本日厚生労働所医薬生活衛生局に電話いたしてG47Δの事で
    第一三共に聞いていただける所まで、話を持っていきました
    いつ頃申請が出るかは答えられない可能性がありますが
    先駆け審査指定を取っている薬品ですので
    率先してお話いたしますと 答えをいただき
    更生労働大臣に話をしていただけるであろう所までは
    お話いたしました。
    明日 先生に詳しくお話いたします

  • #3

    TADA (金曜日, 13 9月 2019 16:23)

    先生の文脈ではないように思えるのですが、誰が投稿しているのでしょうか?
    先生の見解ということで、お間違えありませんか?

    また、このブログはいつから初められているのでしょうか?
    過去の闘病体験も記載されていますが、ネットを検索してみたところ
    2010~2017年には公開されていないように思えます。

  • #2

    KYOKO (木曜日, 13 6月 2019 21:36)

    初めて拝見します。フェンベンダゾールに興味を持ち検索するうちにたどり着きました。
    この駆虫薬は、他の薬との併用に禁忌はないのでしょうか。
     ステージ4で再燃性前立腺がんの父に時間がなく、イクスタンジというホルモン剤と併用してもいいのか気になって調べています。奇跡が起こることを願っています。

  • #1

    lié M (水曜日, 24 10月 2018 09:02)

    こんにちは。
    先生に、8月から診ていただいているものです。
    9月の受診時に、先生は少しシンドそうでしたので、実は心配していました。(といっても、お会いするのは未だ2度目ですが・・)
    ほぼ元の生活に戻られたこと、ホッとしました。流石大田先生^^

    先生も放松、私も放松をこころがけます。
    ファンソンを鼻母音で発音すると、まるでフランス語みたいです。